近視の特徴について

近視の症状の特徴について紹介しましょう。近視とは自覚症状で、遠くのものが綺麗に見えないと言うことになります。ちょっと近視が進むと少し離れた人の顔がぼやけて見えないと言うことになります。そんな状態になります。ですから、メガネ、コンタクトに頼ることになりますよね。(汗)メガネを掛けていないと、黒板の文字がよく見えなかったりします。

また、歩行中につまずきやすかったりします。(汗)(汗)根気がなく飽きやすいと評価されてしまう事もあります。(汗)近視をそのまま放置しておく事は本人にとって良い事とは言えませんよね。何らかの手段を講じなければならないと言えます。今まではメガネでしたが、これからはレーシックによる近視治療が一般的になると言われています。

もちろん、レーシックにはリスクが伴うと言うことも知っておいてくださいね。簡単に言うと、確実に成功するとは言えないと言うことですね。眼科医の中でも十分に経験を積んだ人に手術をしてもらう事ですね。その為、経験を持つ眼科医は、それほど多くないと言うことですね。メガネ、コンタクトを使用している人の方が多いのは、そんな所にも理由があるのかもしれませんね。また、十分信頼に足るだけの眼科医が身近にいない事もあります。